名探偵コナン

名探偵コナン1107話最新ネタバレ感想!「遠見の角行」RUMと烏丸の関係や羽田のその後を考察!

Pocket

チェス大会編も中盤へ。

真剣な表情で話があるとコナンを別室へと呼び出した黒田管理官。

その内容は、なんと17年前のアマンダヒューズ・羽田の事件についてでした。

万全な警備体制の中、アマンダが一人になった理由とは?

羽田はどうして巻き込まれたのか?

その時、黒田や浅香は?

ついに羽田殺人事件の全貌が明かされていきます!

この記事では、名探偵コナン1107話最新ネタバレ感想!
「遠見の角行」RUMと烏丸の関係や羽田のその後を考察していきます!

名探偵コナン1106話あらすじ

黒田管理官は17年前の事件について口を開きます。

なんと黒田は現場のホテルにいて、アマンダと浅香、羽田とすれ違っていたのです。

次にはじまる回想シーンでは、

アマンダは羽田とチェスを楽しんだ後、自室へ帰ります。

そして、何かを察したように浅香を羽田の部屋へ行くよう指示。

部屋で一人になります。

そこにはRUMと名乗る男がやってきて・・・

一方黒田はトイレで謎の男に襲われ、撃退したところで終わりました。

右眼をおさえる浅香が現代の若狭先生の姿へ変わり、浅香=若狭留美も確定。

17年前仕留めそこなったボディーガード(浅香)を狙うスナイパーも現れ・・・

気になる終わり方でしたね。

名探偵コナン1106話最新ネタバレ感想!「達眼の悪魔」若狭先生の右目やアマンダが1人になった真相を考察! 黒田管理官がコナンに"話がある"と言ったところで終わった1105話。 今回ついにアマンダヒューズ事件の真相があきらかに・・・? ...

名探偵コナン1107話最新ネタバレ!黒田がアメリカに行ってた理由とは?

休暇を使い、部下と共にチェス大会を見に来たと話していた黒田。

しかし、それは表向きの理由。

上司からアマンダ・ヒューズに会うという指令を受け訪れたとコナンに打ち明けます。

大きな会議の前の顔合わせをする予定だったのです。

事前に電話をするよう打ち合わせていたはずなのに、アマンダからは音沙汰無し。

トイレで男から襲われたのもあり、嫌な予感がした黒田はホテルのフロントに彼女の部屋を教えるよう詰め寄りますが・・・

規則なので教えられないと断られてしまいます。

名探偵コナン1107話最新ネタバレ!RUMの左眼の記憶力

部屋で一人になったアマンダのもとに現れた、RUM率いる男たち。

アマンダは、彼に

「10人以上いるボディーガードたちからどうやってかいくぐってきたの?」

と聞きます。

前回では、RUMは一度見た人物を全て記憶する左眼を持つ事が分かりましたね。

この能力は、フォトグラフィックメモリーのようなものであると言います。

見たまま記憶するだけではなく、仕草や癖まで覚えてしまうので、どれだけ変装しても見抜いてしまうのです・・・

RUMはこの能力で数々の用人の秘密を握る事で成り上がった。

10人以上もいたボディーガードの正体も同じ手で追い払ったのでしょう。

しかも恐ろしい事に昔は両目とも驚異的な記憶力を持っていたと言います・・・

名探偵コナン1107話最新ネタバレ!RUMと烏丸の関係は?

RUMは去り際に、

“RUM”はあだ名ではなく、あの方に仕えた父から譲り受けたコードネームです

と言い残します。

あの方とは黒の組織のボス、烏丸蓮耶のこと。

RUMの父が烏丸に長く仕えており、その意思を引き継いだという事なのでしょう。

名探偵コナン1107話最新ネタバレ!アマンダは毒殺だった!

しかし、アマンダは陥れようにも後ろめたい裏の顔は一切無いようです。

そこでRUMは、娘のように可愛がっている浅香の名前を出しました。

毒薬をちらつかせ、組織に入るよう脅します。

いくら強情な人でもここまでされたら引き下がるしかないでしょう。

でもアマンダがした選択は

自ら毒薬を飲んだ

自分の意志を曲げるぐらいなら死んだ方がマシだということでしょうか・・・

ずっと謎に包まれていたアマンダの死因は毒殺だったのです。

名探偵コナン1107話最新ネタバレ!羽田の部屋には?

羽田の部屋には、チェスの駒を取りに浅香が訪れます。

ですが、チェスの駒を部屋に忘れたのは嘘だと分かり、浅香はアマンダのもとへ戻ろうとします。

それを引き留めた羽田は、少々強引ですがスタンガンを使い浅香の動きを封じ、本棚の奥へと避難させます。

アマンダが実の娘のように愛している浅香を守る事が彼の託された使命だと感じたのでしょう。

そしてここで、

御守りとして将棋の”角”の駒を渡します。

若狭先生が大切にしてた駒と同じですね・・・

羽田の部屋にはRUMたちが押し入り浅香の居場所を探り出します。

RUMの部下たちは羽田に暴行を加えますが、それでも口を開きません。

アマンダの遺体も見つかってしまい、早く撤収したい彼ら。

「羽田さんにもこの毒薬を飲んでもらいましょう」

とつぶやきます。

名探偵コナン1107話最新ネタバレ!アマンダが残した暗号とは?

アマンダ・ヒューズの遺体の前には

  • 馬の目が口紅馬の目が口紅で塗りつぶされたチェスの駒(ナイト)
  • 文字盤にキスマークのついた腕時計

いずれもアマンダのダイイングメッセージと見られます。

長年黒田管理官も頭を悩ますこのメッセージ。

ナイトの駒については、

羽田が浅香に渡した”角”の駒は裏が”馬”であるのと関係している?

目が塗りつぶされているのは目が不自由である事をあらわしている?

まだ推測の段階ですが、羽田、あるいは黒の組織と関わりのある答えなはずです。

腕時計に関してはまだ分かりませんが・・・

これからヒントが出てくるかもしれませんね。

名探偵コナン1107話最新ネタバレ感想 まとめ

名探偵コナン1107話最新ネタバレ感想!

「遠見の角行」RUMと烏丸の関係や羽田のその後を考察してきました。

謎に包まれていたアマンダ・ヒューズ事件の全貌があきらかになりましたね!

偶然にしては出来すぎでは?

と疑いの目を向けていた黒田はやはり計画的に大会へ出向いていました。

アマンダは自分の命を惜しむ事すらせず、羽田のもとに預ける事で浅香を守ったんですね。

それにしても、アマンダが残した暗号についてはまだ謎が残ります。

コナンのトリックはチェス関係の物が多いので、チェスに詳しい人の方が真相に近づきやすいのかもしれません。

また、羽田が浅香に渡した”角”の駒も・・・?

今回は1106話のスナイパーの話題が出てこず、次に持ち越しですね。

名探偵コナン1107話 感想・考察 ベルモット

今回、SWATの出動を防ぐため、組織に加わった若い女性がアマンダになりすましFBI長官に出動を中断する電話をかけています。

変装・声帯模写が特技のベルモットですね。

別人になりすますプロ、これからの話も複雑にする人物なはずです。

変装もRUMほどの完璧な記憶力があれば変装も見抜けるかもしれませんが・・・

敵に回すには厄介な相手です。

名探偵コナン1107話 感想・考察 羽田も毒殺されてしまう

暴行されても浅香の居場所を教えなかった羽田。

まだ殺害された描写はありませんが、

RUMは

「羽田さんにもこの毒を飲んでもらいましょう」

と毒薬を手に持っています。

組織にすれば、アマンダに近い場所にいる羽田を生かしておくのは危険。

彼はここで殺されたのでは、と考えます。

名探偵コナン1107話 感想・考察 浅香のその後は?

上手くRUMの目から逃れた浅香。

結果論にはなりますが、ここで生き延び帝丹小学校教諭として姿を現しています。

ですが、空白の17年間、一体何処で何をしていたのでしょうか・・・

もしかすると、生前のアマンダと秘密を共有し、その筋で姿をくらましていたのかもしれません。

血の繋がりを越えた絆を持つ二人、他者は知らない情報があってもおかしくないですね。

“角”の駒を肌身離さず持ち歩いてるあたり、事件について未だに嗅ぎまわっているのは間違いない事実です。

知れば知るほどミステリアスな女性です・・・

次回のコナンは2023年2月15日発売の少年サンデー12号です!