映画

耳をすませばの原作打ち切りの理由は?映画とのラストの違いや続編も紹介!

Pocket

ジブリ映画で有名となった「耳をすませば」
雫と聖司が出会ってお互いを尊敬し、恋愛するという青春ラブストーリーです。

ジブリ映画はオリジナル作品と、原作を元に作られた作品があります。

「耳をすませば」はもともと漫画の月刊誌「りぼん」で連載されていて、原作は柊あおい先生です!

1989年8月号~11月号にわたり4回連載され、その後1995年にジブリ映画として公開されました。

月刊誌で4話の連載はかなり短くめずらしいのですが、実は1話の評判が良くなかったので、連載が打ち切りになったということでした。

映画化されるには、ある程度の条件があります。

例えば、主人公が絶大に人気があったり、世間の影響や製作費の問題などいろいろありますが、この「耳をすませば」はどうも映画化される条件に当てはまっていないようなんです。

その後も映画の続編として「猫の恩返し」も公開され人気を集めています。

続編まで続いて人気の映画なのに評判が良くない理由がわからないですよね。

「耳をすませば」はリアルタイムで読んでいましたが、個人的にはとても好きな物語です。

映画と原作のラストが違う!と話題になっていましたね!
続編では雫と聖司は結婚したのか?気になりますよね!

この記事では、「耳をすませば」の原作打ち切りの理由は?
映画とのラストの違いや続編も紹介していきます!

耳をすませばの原作打ち切りの理由は?

「耳をすませば」の原作が打ち切りなった理由として、読者からの支持が得られなかったことが原因と言われています。

80年代の少女漫画雑誌のターゲットは小中学生で、小学生たちの半分以上はりぼんを読んでいました。

「なかよし」派と「りぼん」派で分かれて交換して読んでいたりもしていました。

その頃は正統派の学園恋愛ストーリーが多く、同世代のリアルな気持ちを描いているような作品が多かったです。

一条ゆかり先生、矢沢あい先生、水沢めぐみ先生、吉住渉先生、さくらももこ先生たちがヒットを飛ばしていた時代です。

「耳すま」のコンセプトが違う?

耳すま以前に連載していた「星の瞳のシルエット」は柊あおい先生の代表作で、りぼん雑誌の中でもかなりヒットしていた作品になります。

その頃から読者が一気に増えて、「250万乙女」とも言われtるようになっていました。

「星の瞳のシルエット」は全42話、単行本は10巻完結になっています。
柊あおい先生の作品の中で、一番長く連載していた作品です。

連載が終了すると同時期くらいに「りぼん」読者の対象が変化してきました。

それまでは、小学校高学年〜中学生が読んでいるイメージでしたが、途中から小学校低学年の子たちが読んでいたと思います。

「星の瞳のシルエット」と「耳をすませば」は全くストーリーや作品の雰囲気も違うということと、学園ラブストーリーを求めている時代だったので、ファンの支持を得られなかったのかもしれませんね。

耳をすませばの映画とのラストの違いとは?

https://twitter.com/MitsukiLain0929/status/1560606627702513664

「耳をすませば」のジブリ映画は、半分くらいは原作を元に作られていますが、ほぼ映画オリジナルの設定に変わっています。

その理由は原作が少女漫画なので、恋愛要素が強めになっています。

そのためリアリティがあまり感じられず、映画では登場人物や年齢の設定を変更して作られています。

耳をすませばの映画とのラストの違い①年齢設定

原作では、雫と聖司は中学校1年生の設定ですが、映画では中学校3年生に変更されています。

中学校1年生はまだ将来のことは先ですし、受験という大きな出来事は雫と聖司の恋との障害を作った方がよいと考えたからだといいます。

ラストシーンで別々の進路に行くまでのリアリティが出てきますよね!

耳をすませばの映画とのラストの違い②雫の姉

雫の姉である汐(しほ)は原作では、おっとりで優しそうな性格の高校生です。
映画では雫に少し厳しく、責任感が強い大学1年生の設定です。

映画で登場するキャラクターの中で最も原作とキャラクターが違っています。

耳をすませばの映画とのラストの違い③聖司の兄

原作では聖司には航司というお兄さんがいます。

雫の姉と付き合っています。

汐は、聖司の兄の航司と付き合っていますが、アニメ映画には航司が登場しないので、そのシーンは抜けています。

雫が、聖司は汐のことを好きなのかと勘違いする場面があります。

恋愛漫画ならではの1コマですよね!

耳をすませばの映画とのラストの違い④聖司の夢

聖司の夢は原作では、「画家」で、映画では「バイオリン職人」を目指しています。

漫画では、映画のように夢に向かって努力しているシーンはありませんでした。
どちらかといえば、少女漫画に出てきる代表的な王子様のようなイメージです。

映画では夢に向かって一生懸命努力する姿が描かれています。

耳をすませばの映画とのラストの違い⑤ラストシーン

原作のラストシーンでは、朝日を見に行った雫と聖司。
聖司:「君が好きだ」
雫:「あなたが好き」
お互いの想いを伝えます。

気持ちを確認した二人は、以前から付き合っていた航司と汐と一緒に飛行船を見に行って終わっています。

映画でも2人で朝日を見に行くのは一緒です。

聖司:「雫俺と結婚してくれないか?」とプロポーズ。
雫:「うれしい。そうなれたらいいなって思ってた。」

とエンディングになります。

原作も映画も、どちらもハッピーエンドで終わっていますが、その後について描かれていないので、結婚したのか別れてしまったのかについては不明なままです。

耳をすませばの続編をご紹介!

柊あおい先生は1989年の作品「耳をすませば」以降は短編物語を多く書いています。

宮崎監督から直接依頼を受けて書き下ろした、「バロン 猫の伯爵」は、「耳すま」の続編として、雫が作中で書いた小説を「猫の恩返し」として映画公開されました。

まだ読んだことはないのですが、2002年にマーガレットから、「ユメの街 猫の男爵」を出版しています。

「耳をすま」続編「バロン 猫の伯爵」2人のその後は出てこない?

「耳すま」のスピンオフで2002年に公開された「猫の恩返し」

スピンオフで、雫と聖司はその後どうなるの?
結婚できたの?
別れたの?
と期待してましたが、全くその話には触れず、雫が作中で書いた小説の内容が映画化されたものでした。

ちょっと2人の今後も描かれているのかと期待してきましたが、1コマも出てはこなかったのですが、「耳すま」と「猫の恩返し」共通の猫のキャラクターが登場します。

あとはネタバレになってしまうので、「猫の恩返し」も観て共通点を見つけるのも面白いと思いますよ!

耳をすませばの原作打ち切りの理由は?映画とのラストの違いや続編 まとめ

この記事では、「耳をすませば」の原作打ち切りの理由は?
映画とのラストの違いや続編も紹介してきました。

原作は少女漫画としての恋愛ストーリーが強く、映画では将来の夢へ向かっていく青春リアリティを追求したストーリーがあり、映画と漫画と両方楽しめることができると思います。

比較することで、新たな発見があるかもしれませんね!

原作が打ち切りになったと言っても、ストーリーが特に不自然でなかったので、全く気づかないくらい自然なんですよね。

映画とのラストの違いですが映画の方は、これから2人はどうなるのか?
続編を考察させるような上手い終わり方だなという印象でした。

漫画の方は、聖司が姉を好きだと勘違いしていることから、誤解が解けてハッピーエンドという王道の少女漫画の終わり方でしたね。

「耳をすませば」の原作と映画の両方の作品を観比べてみるのも面白いかもしれませんね!