漫画

毛利蘭の髪型の角はいつから?なぜ生えたのか初期から現在まで変化を比較!

Pocket

名探偵コナンの主人公、工藤新一の彼女である毛利蘭。
コナンには「蘭姉ちゃん」と呼ばれています。

そんな蘭姉ちゃんは、腰までのロングヘアが魅力的です。
そして、頭部に角が突き出ている面白い髪型をしています。

1994年に連載が始まって以来、ずっと漫画を読んでいましたが、蘭の角は馴染みすぎていて、違和感をあまり感じてませんでした。

しかし、ある時ふと思い出したんです!

それは、名探偵コナンのスピンオフ「犯人の犯沢さん」の漫画をみて思ったのですが、こんなに毛利蘭の角はとんがってたっけ?
と…。

いつからこんな角度になったのか?

なんで生えてきたのか気になってきました。
(きっと疑問を持っている方は多いハズ!)

そこで、初期の頃に戻って「名探偵コナン」を読み返してみました。

コナンは100巻以上ある大作なので、最初から読んでいたら時間が足りないと思うので、
いつから生えてきて、現在までの毛利蘭の角の変化をみなさんに代わってお伝えしていきます!

毛利蘭の髪型の角はいつから?
なぜ生えたのか初期から現在までの変化を比較!
と題してお送りしていきますね!

毛利蘭の髪型の角はいつから?

ファンなら「毛利 蘭」のことを知らないことはないと思いますが、一応プロフィールをご紹介しておきますね!

毛利蘭のプロフィール

主人公の工藤新一の幼馴染&彼女であるヒロインです。

3人家族(1名居候)で、父親は毛利小五郎:探偵

母親は妃英理:敏腕弁護士

そして居候の江戸川コナン。

訳あって別居中の夫婦ですが、以前はラブラブな2人でした♡

ダメダメの父親の世話役として娘の蘭は、家事全般をこなす女子高校生。

高校では、空手部に所属。
2年生ながら主将を務めていて、都大会で優勝経験あり!

都大会どころか、かなりの凄腕の持ち主で、凶悪犯を倒したり銃弾の弾まで避けてしまうという実力の持ち主!

警察より格段に強いと思われます…。

毛利蘭の髪型の角はいつから出てきた?

毛利蘭の髪型の角は、実は最初なかったんです!!!

コナンの1話では、普通のロングヘアで、頭部に角はなくふわふわしている感じに描かれています。

頭の上部にあるモコモコから、これから角が出てきます!

2巻に入ると若干角の原型らしきものが頭部に出ているのがわかります。

これで、初期の毛利蘭には、チャームポイントでもある角がなかったことがわかりましたね!

毛利蘭の髪型の角はなぜ生えたのか?

最初は普通のモコモコしたパーマみたいな髪型だったのに、なぜ角が生え出したのか気になりますよね!

作者の青山先生は初期のふわふわしたパーマみたいな髪型は、寝癖ということですが、この角が成長してきた理由についてはわかっていません。

3巻では、蘭の髪のふわふわは少なくなり、角と呼べるような形になっています。


角はまだ直角ではなく、現在と比べるとだいぶ緩やかです。

最も角がはっきりと出てきたのは、蘭がコナンの正体を「新一」ではないのかと疑うシーンです。
蘭がコナンに、「ねー新一?」と話しかける場面では初期から最上級の角が出ているのがわかります。

角が生えていく状況を見ていると、さまざまな事件が起こっているときや、新一に対しての怒りなど感情や、状況によって成長していることがわかります。

角の幅もその時によって違うので、ぜひ、注目してみてくださいね!

今では、角が定着していて、もう蘭の感情も限界なのか、1巻の初期の髪型に戻ることは無くなっています。

毛利蘭の髪型の角が生えた初期から現在まで変化を比較!

蘭の角が生え始めた初期の頃から、現在の角に成長していく過程を時系列で見ていきましょう!

最初は上記で記載した通り、角が出てきるなんで1ミリも感じさせないふわふわした感じになっています。

2、3巻あたりから角の頭角を表してきます。

そしてついに↓かなり面積もすごい巨大な角が!

重くないのかな?
と心配してしまうくらい大きいです。

こちらが現在の蘭の角の形ですが、直角具合が、本当に刺さりそうで危険なくらい(笑)

青山先生は、時系列を気にしてないのか、幼少期の2人のシーンではなぜか角が生えていました。
もしかしたら1巻の蘭の角が生えてない時の方がレアだったりするのでしょうか。

謎ですね…。

毛利蘭の髪型の角はかわいい?かわいくない?

毛利蘭の角はあった方がかわいい?
なかった方がかわいい?
ファンの間では蘭の角のことは有名な話で、常に話題になっています。

みなさんはどちら派ですか?

角なしだと普通のかわいい女子高生で、よくいるモテモテのヒロインの雰囲気が出ていますよね!

角なしの方がかわいい!
という声や、自然だよね!
という意見は多いですが、蘭の角に見慣れてしまっているので、ないと違和感が出てくるのはなぜでしょうか。

そして、こちらの主人公も意外ととんがっています!


毛利蘭の髪型の角はいつから?なぜ生えたのか初期から現在まで変化を比較 まとめ

毛利蘭の髪型の角はいつから?
なぜ生えたのか初期から現在まで変化を比較してきましたがいかがでしたか?

角がないときは一瞬でしたね!

角がない毛利蘭は、「中森青子」に似ている!
という噂がありました。

中森青子とは、青山先生の原作で、「まじっく快斗」のヒロインです。

青山先生は毛利蘭と、中森青子を区別するのに、蘭の髪型に角を生やしたとも言われています。

初期から現在まで変化を比較してきて、蘭は事件に巻き込まれたり、新一への感情で角が出てきたことがわかりました。

これから毛利蘭の角はどのように変化していくのでしょうか?

名探偵コナンの事件の緊急度を示しているともいえる、蘭の角に注目して観ていくのも楽しいと思いますよ!