掃除

トイレクイックルの詰め替え方は?乾燥防止の開け方やおすすめの保存方法を紹介!

Pocket

トイレ掃除の際に、必要不可欠となっているウエットシートですが、その中でも有名な「トイレクイックル」が使用後にそのままトイレに流せて衛生的で便利な清掃道具ですよね!

「トイレクイックル」はケース付きのタイプと、詰め替え用のレフィルとありますが、専用のケースに入れて保管していると乾いて使えなくなってしまう!
何か代用品はあるの?
というお悩みをお持ちの方が多いようです。

トイレクイックルには封の開け方や、入れ方によって乾燥を防ぐことができます。

適度に使用していても、最後の方はは乾燥してしまうのには、保存方法に原因があると考えられます。

この記事では、トイレクイックルの詰め替え方は?
乾燥防止の開け方やおすすめの保存方法をご紹介していきます!

トイレクイックルの詰め替え方は?

「トイレクイックル」には開け方がパッケージに書いているのはご存じですか?

お菓子の袋みたいに両端がなっているので、真ん中を摘んで開けたくなる気持ちはわかります。

真ん中を摘んで開けても問題はありませんが、そのまま縦に引くように封をあければ、そのまま簡単にシートを取り出すことができます。

トイレクイックルは詰め替え袋から出して使う?

アルミの袋に入っている詰め替え用の「トイレクイックル」ですが、全部袋から取り出して使うの?

という疑問をお持ちの方も多いようです。

花王商品担当の人

袋から出してそのままケースに入れて使ってください。
必ず専用のケースにしまい、「パチン」と音がするようにケースの蓋をしめておけば、3、4ヶ月は乾燥を防ぐことができます。

使用後は必ず蓋をちゃんと閉めてください。

と知恵袋で返答をされていました。

一般家庭のトイレの乾燥具合など、平均的な数値を出して返答されているのでしょうから間違いはないと思いますが、それでも乾燥してしまう!
というお悩みを持っている方もいるので、私なりに家事代行の仕事で、毎日「トイレクイックル」を使っている消費者目線で解決していきますので、最後まで読んでみてくださいね!

トイレクイックル乾燥防止の開け方は?

ここからは個人的な意見なので、参考にしていただけたらと思います。

まず、詰め替え用の開け方ですが、お菓子の袋を開けるように摘んで開けると、シートが出しづらくなって1枚出そうと引っ張ると2枚目も一緒に出てきちゃうことがあるので、説明書通りに開けることをオススメします!

トイレクイックルの使用期限は公式サイトで、封を開けてからちゃんと蓋をして保存できる期間は3、4ヶ月と記載があります。

トイレクイックルのケースは密封ではないので、完璧ではありません。
ご自宅のトイレの収納場所や、日当たりなど環境に差があるので一概には言えないですよね?

わが家では週1回のトイレ掃除で、シート10枚入りを購入します。

3ヶ月くらいでなくなるのですが、特に乾燥している感じはありません。

最初に使った時より、若干乾燥気味かな?
というくらいですね!

トイレクイックルの詰め替え袋は取り外さない

トイレクイックルの乾燥防止のために、詰め替え用の袋は封を開けたら、口を折って袋をケースに入れて収納しています。

そうすることで、乾燥を防げて最後まで湿った状態で使用することができますよ!

それでも乾燥しちゃうよ!
という方は、トイレクイックルのケースを別の容器に変えることをオススメします!

トイレクイックルの保管方法!おすすめの保存方法を紹介!

トイレクイックルなどのトイレシートを長期間使わない場合の乾燥を防ぐには、付属のケースの変更も考えてみてはいかがでしょうか?

メーカーは長期間使わないことは視野に入れてなく、週一回ほどの清掃を目安に作っています。

それに対応できるケースを作っているので、長期間の保存には向いていません。

では、長期間保存可能なケースはあるの?
できたら取り出しやすいケースがいいな!

ということで、乾燥を防気ながら取り出しやすいオススメのケースをご紹介します!

①見た目は関係ない「食品用タッパー」

食品用のタッパーなら、密封できるように作られている商品がたくさんあります!

完璧密封のタッパーなら、詰め替え用の袋を取り外しても最後まで乾燥せず使うことができます!

②オカ(株)お掃除シートケース

蓋にパッキンがついたケースなので、乾燥を防ぐことができます。

サイズはトイレクイックルシートの梱包サイズが幅127×奥164×高75mmなのでケースにピッタリです!

③無印ポリプロピレンウェットシートケース

無印のケースはシンプルで、外に出していても違和感がないのが特徴です。

サイズも約幅19×奥行12×高さ7cmなので梱包してある袋を取って入れると若干シートの方が大きいのですが、しっかり入ってくれます!

トイレクイックルの詰め替え方は?乾燥防止の開け方やおすすめの保存方法を紹介!

トイレクイックルの詰め替えの正しい開け方は?
乾燥を防ぐ入れ方やおすすめの代用品をご紹介してきましたが、ぜひこの記事の方法で試してみてください!

  • トイレクイックルの乾燥防止には、中身を取り出さずそのまま詰め替えする
  • 開け方は縦に引いて、開けると取り出しやすい
  • 乾燥防止おすすめのケースの代用品は食品用タッパーでも大丈夫!

もし、シートが乾燥してしまったら「まめピカ」もおすすめです!
トイレットペーパーでも溶けずに掃除ができてすごくキレイになりますよ!
ぜひ使ってみてくださいね!